カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ


        



 






 
 

 

BIOACTシリーズ(海外用)は成長作用も?

これは海外で使われているBIOACTシリーズの1部のデータや事例をみてまとめたものです。

(日本国内のBIOACTではありません)

植物は光合成や生合成してデンプン、脂質、たんぱく質と二次代謝物(例えばアレロケミカルズ)を個体に貯蔵したり根や葉から放出。しかし呼吸や養分吸収にはエネルギーが必要です。そのため、デンプン、脂質、たんぱく質を分解してエネルギ-を賄っている。例えばデンプンや脂質はグルコ-スに分解し解糖系に入りエネルギ-生産に使われる。たんぱく質はアミノ酸になり他の器官に輸送されます。 無機態窒素はアミノ酸を経てたんぱく質になるまで多量の糖類を必要とするが、ここで有機態の窒素としてアミノ酸を植物に与れば、糖類を消費する必要は極めて低率になります。その結果、光合成産物の収支は著しく改善されることになり、植物の成長促進が図られることになります。このことはニームなどを主成分とするバイオアクトの主成分である各種脂肪酸にも当てはまると思います。植物体内で脂肪酸を合成する時にも、分解してグルコ-スになる時にもエネルギ-が必要であるが、根から吸収されたバイオアクト中の脂肪酸が酸素により分解されて、グルコ-スに成る時の生産効率は高くなり、エネルギ-収支が改善されると考えられます。トリテルペノイドも植物体内では最終的に脂肪酸とグリセロ-ルに分解し、グリセロ-ルはグルコ-ス、スクロ-スに分解されエネルギ-として使われることになります。根から直接吸収されないバイオアクトは土壌中で分解され、これも植物体内での生合成と同様に、脂肪酸はグルコ-スやスクロ-スと炭酸ガスと水に分解されます。バイオアクトの中にはパルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノ-ル酸が含まれている。これらの分解物が、結果的に植物に活力を与えることになります。もちろん、これらが土壌微生物相を豊かにする働きも大きく寄与しているものと考えられます。


ニームによる硝化バクテリアのコントロール

ニームは一般的に虫対策としてアーユルベーダを代表する

アレロケミカル成分ですが、実は窒素循環の改善にも貢献するとのこと。これは海外での例ですが、ニーム自体、実際には硝化バクテリアの繁殖を30日ほど遅らせるデータがあります。それにより窒素肥料効率を20%改善。これにより問題となる過剰な硝酸態窒素生成や流出を抑制するとのこと。従い、東南アジアなどでは、虫対策と共に硝化菌のコントロールにも使われて大変重宝されています。

これは貴重な情報です。




BIOACT 6か月に及ぶテスト BY ドクター田中

これは2004年と随分と前に遡りますが、農業開発教育基金・専務理事・農学博士、田中良高先生とホーチミン市農林大学・野菜・果樹学部部長・農学博士Nguyen Van Ke先生によりバイオアクトのブロック力をテストしていただきました。

ベトナムの葉物ハウスで実施されました。

テストは半年にも及ぶ大規模テストでデータも膨大なものとなりました。そのためここには実際のテストデータは提示しておりませんがどのテストでも明らかになったのが下記の点です。

1.毎週1回、約1000倍希釈で土壌等良く散布すると確実に

危険をブロックする力を確認できる。

2.定期的に散布することで、BIOACTを使ったところと使ってないところで確実に差が出る。

大変なデータ数から要約しますと、バイオアクトは定期的な散布で確実な効果が出るということです。ニーム等のアレロケミカル系の性質上即効性はありませんが継続して使うことで効果が顕著になるのがこの壮大なテストを通じて我々も再確認できました。

是非とも皆様にもまずは土壌灌水から長く、定期的にお使いいただくことをおすすめします。



公衆衛生用BIOACT ドクター田中によるテスト

ニームベース製品の有効性について

農業開発教育基金・専務理事・農学博士 田中良高

ホーチミン市農林大学・野菜・果樹学部部長・農学博士Nguyen Van Ke

1.私はバンコックの農業開発教育基金・専務理事として、東南アジアにおける農業開発及び教育、特に最大の問題である病害虫対策のための研究、指導を長年行ってきました。活動の基盤は国際連合WHO活動の一貫、トヨタ財団研究助成、スイス政府資金等です。

2.近年、東南アジア諸国で最も問題になっている事例は、家庭害虫駆除用、並びに農業用に使用される化学薬剤が害虫に対して獲得抵抗性を誘発し、長期に亘る連用が不可能になりつつあることです。その結果、使用者が回数を増やし、さらに効果が薄れる事態や、費用が高騰し、使用が不可能になるという悪循環が生じています。そのために各国は自然環境汚染と人間の健康に対する配慮から化学薬剤に対する規制を毎年厳しくしています。

3.上記から、当方並びにホーチミン市農林大学(旧国立ホーチミン農林大学)に対し、化学薬剤に頼らない害虫駆除法を開発して欲しいという要望が、各関係者から寄せられました。私共は1995年来「ベトナムの少数民族の利用する植物遺伝資源の研究」プロジェクトを推進しており、すでに第1巻を出版していますが、その研究の結果、インド原産のニームの導入が最も適切だと考えました。

4ニーム(Azadirachta indica Juss. f. Meliaceae:邦名:インドセンダン)は古来よりインド、ミャンマー、バングラデッシュ等で、蚊、ハエ等の害虫の駆除剤として、他方、民間薬として、マラリヤや寄生虫の駆除に服用され、さらには外傷、昆虫の刺し傷、毒蛇の咬傷の痛み止めに広範に利用されています。またシラクモ、水虫などの白癬菌などに対して殺菌効果が証明されており、ニームオイル石鹸などが生産されています。また、木材はシロアリに強く、それらの効果が忌避物質(Azadirachtin)によるものである事が科学的に証明されています。

5.ニームはWHO、アメリカのEPA、ドイツ等で化学薬剤に代替可能な天然薬剤として公式に認められています。ニーム製剤は、化学薬剤のように即効性はありませんが、人間と地球環境に無害な植物、天然原料で、化学薬剤と同等の効果を示す結果が得られています。そのために、合成殺虫剤が次々に使用禁止になっていますが、代替の安全な化学薬剤が開発されない限り、私共はニームを使った製品の使用は極めて重要になったと確信しております。

6.実際の使用に適した製品の調査を行ってきましたが、シンガポールのOKADA ECOTECH Pte. LTD., が開発した「ニームベース製品」は、ニームを主体とした各種の天然植物抽出物で構成され、ニームの特性である害虫の各成長段階における成長阻止効果を有し、次第に害虫の群れを減少させる防御・駆除効果を持つことを知り、同社と共同で製品の改良、使用法について研究を進めてまいりました

7.農業現場における試験に関しましては、設備、組織的な人員の確保の問題があるため、私が農学博士号取得を指導したホーチミン市農林大学(旧国立ホーチミン大学)野菜・果樹学部長・Nguyen Van Ke 博士の研究室ならびに同大学昆虫学研究室と共同研究を進めました。

8.OKADA ECOTECH社は「ニームベース製品」を家庭用,公衆衛生用、農業用に販売いたしておりますので、各使用面での各種害虫への効力比較試験を希望しておりました。研究の効率を図るためKe博士と協議した結果、乾季と雨季、多くの天敵の存在する厳しい熱帯の自然状況の中で生存する農耕地の害虫に効果があれば、生存環境がマイルドな家庭・公衆衛生面で見られる害虫には十分に効果があるという事実に基づき、ニームに対して既成概念がなく、設備と人員が揃っているホーチミン市農林大学で農作物病害虫に対する現地試験から開始いたしました。

9.それら30を越す修士及び博士論文課題の一連の実験結果から、上記のニーム製剤が、農業害虫(主たる害虫:アブラムシ、スリップ、葉モグリバエなど)に甚大な防御・駆除効果があることが証明されました。これらの効果は、化学殺虫剤と異なり、接触性即効性はありませんが、遅効性であっても同程度の効果があることが確認されています。さらに、沖縄でのニームケーキ併用土壌施用実験で、紅イモの土壌線虫(ネマトーダ)、イモゾウムシに対し、同様に優れた駆除効果があり、増収効果のあることが確認されました。また、化学農薬との連用比較においては、ニームベース製剤は長期間に亘っての使用で害虫の抵抗性獲得が少ないことが結論されました。これらの結果に鑑み、ベトナム政府は、ベトナム南部海岸乾燥地(ニャチャン、ファンチット、ファンランなどに、5,000ヘクタールを越すニーム・プランテーションを増設し、医療用及び農業用ニームベース製剤の開発に努めています

10一方、「ニームベース製品」の防御・駆除効果に関して、家庭害虫であるハエ、蚊、ゴキブリなどに対し、ミャンマーとベトナムで野外および室内実験、ホテルの厨房などで広範な比較実験を進めています。野外実験では街燈に集塵する多くの昆虫に対して、「ニームベース製品」の噴霧施用で効果が甚大であることが、確認されています。また、その効果は、乾季においては20-30日に及び、実際の使用に耐えることが確認されています。これらは実験途中ですが、既に顕著な効果を示唆しており、早期に統計的処理を行い、実験結果を公表します。

11Ke博士と昆虫学研究室の共同研究の実験結果から、ニームの効果の特徴とされる害虫の各成長段階での成長阻止効果がOKADA ECOTECH社の「ニームベース製品」に十分に備わっていることが確認されました。 安全で自然環境にやさしい製品として今後、広範囲に使用されることを推奨いたします。

推奨品

「ニームベース製品 : BIOACT: OKADA ECOTECH Pte. LTD., Singapore

(主成分:Azadirachtin:ニーム、Azadirachta indica Juss.f. Meliaceae)

植物天然成分、家庭害虫防御・駆除製剤、農業用害虫防御・駆除製剤、医薬品

参考資料:Tanaka,Y. & Ngyuen Van Ke : Edible Wild Plants of Vietnam The

Bountiful Garden, Orchid Press 2006

2008118

農業開発教育基金・専務理事・農学博士 田中良高

ホーチミン市農林大学・野菜・果樹学部部長・農学博士Nguyen Van Ke


BIOACT冬場固まりません!

バイオアクトの特徴の一つをご紹介いたします。

さて、グリセリド系オイルは融点によって冬場に固まるケースが多々あります。

例えば、近年人気の高いココナッツオイルなど冬場に固まるのが欠点ですし、

何よりもニームオイルも同じです。常夏に自生する樹木ですので仕方ありませんが

冬場に固まるのはまー困ります。そこでバイオアクトは冬場でも固まらない設計に

してありますので現場で非常に皆様に受けています。

これから寒くなりますが固まりませんので簡単にお使いいただけます。

(もちろん程度はありますので室内で保管ください)

是非ともご利用ください。


公衆衛生用BIOACT 抗菌データ

BIOACT DS  抗菌データ(要約)

 


細菌に対する効果試験・シンガポール政府農業食料家畜局中央研究所

80倍希釈したものを下記試験菌種に投与。45分及び60分後の生菌数を確認

試験菌種名

試験開始時生菌数

45/60分後生菌数

サルモネラ腸炎菌

41x106乗)

0

100%

ネズミチフス菌

91X106乗)

0

100%

大腸菌

95x106乗)

0

100%

大腸菌0-157

47x106乗)

0

100%

コレラ菌

57x106乗)

0

100%

Pateurella multocida

46x10(6乗)

0

100%

Actinobacillus pleuropneumoniae

47x106乗)

0

100%

ALSテクニケムPTE LTD・アロマライフを80倍希釈したものを下記試験菌種に投与。60分後の生菌数を確認

試験菌種名

試験開始時生菌数

45/60分後生菌数

黄色ブドウ球菌

2.41X10

3.1X10

99.99

緑膿菌

1.55x10

5.0X10

99.97

シンガポール生産性標準委員会 化学微生物テストセンター

80倍希釈したものを下記試験菌種に投与。60分後の生菌数を確認

試験菌種名

試験開始時生菌数

45/60分後生菌数

Asperigillus niger

2.54X10(4乗)

1.3X10

99.99%

 

ウイルスに対する効果試験・シンガポール政府農業食料家畜局中央研究所

80倍希釈したものを下記試験菌種に投与。45分及び60分後の生菌数を確認

試験菌種名

試験開始時生菌数

45/60分後生菌数

*伝染性気管支炎ウイルス

41X10(6乗)

0

100.00%

 

カビに対する効果試験

シンガポール政府農業食料家畜局中央研究所

80倍希釈したものを下記試験菌種に投与。45分及び60分後の生菌数を確認

試験菌種名

試験開始時生菌数

45/60分後生菌数

黒麹かび

41X10(6乗)

0

100.00%

*伝染性気管支炎ウイルスは・コロナウイルス科 Coronaviridaeに属し、粒子構造は、幅79nmの螺旋状のヌクレオカプシドが、径約100nmのやや不定形のエンベロープに包まれている

ニーム・米国農務省レポート

米国農務省レポート

害虫に対する効果

 使用事例の集積の結果、ニーム製品は害虫のさまざまな成長段階に干渉する事によって害虫の成長に影響を与える事が明らかになった。ニームの各種成分は害虫の生命にきわめて重要なホルモンの形や構造に良く似ている。害虫はニームの成分をあたかも必要な真のホルモンのごとく吸収するが、ニーム成分は害虫の内分泌機能の働きを妨害する。その結果として昆虫の生来の行動及び生理機能に変化が生じて害虫の脳と身体に混乱をもたらし、繁殖能力を失って害虫の数が減少する事になる。

 ニームの害虫に対する効果を利用する事は害虫駆除対策に望ましい方法だと次第に考えられるようになった。その考え方は人間と地球に無害な方法で害虫の群れが力を失うのであれば害虫を即座に殺す必要は無いということである。90年代になって,多くの化学合成殺虫剤が安全性を問題にされて市場から姿を消したが、取って代わる安全な新製品は殆ど現れず、また残った殺虫剤に対する害虫の抵抗力が増していく状況の中で、安全で効果があるニームの使用は特に重要になったのである。

 各種のニームベースの製品は下記の様に害虫に有効であると認識されている。

# 害虫の卵や幼虫を殺したり成長を抑制したりする。

# 幼虫の脱皮を妨げる。

# 雌雄の接触や生殖を妨げる。

# 幼虫や成虫の活動を抑制する。

# メスが卵を生むことを妨げる。

## 成虫に避妊効果を与える。

# 幼虫と成虫に害を与える。

# 食欲を減少させる。

# 食物を呑みこむ力を減少させる(内臓の力を減らす)

 # ニーム抽出液は多くの種類の害虫に対してppm単位で有効である。

 # 幼虫の脱皮を妨げることはニームの最も大事な性質と言える。

 # ニーム抽出液の効果は凡そ200種類の害虫に有効である。

 # 直し類,すなわちバッタ・蝗・こおろぎ・セミ等に対してはニームの拒食効果

   が特に重要である。

 # ニームは特にスリップスの幼虫〈土中で成長する〉に有効である。

 # ショウシ類のPalm Weevil〈ゾウムシ〉に対してニームは効果的にその群れをコントロール出来る。この害虫はニームを散布されたPalmを食べたり樹液を吸ったりしないので、次第に成長が遅くなったり、ニームと接触して死亡したりするようになる。

 # 各種の蝿(insect-fruit fly/face fly(家畜の顔面にたかる)/ 馬バエ  

   ツノサシバエ/イエバエ)や蚊類に対してニームは有効である。

 # ゴキブリに対して、ニームは幼虫に有効でまた成虫の排卵を妨げる。

バイオアクト(公衆衛生用)その9

バイオアクトとは各種植物からある特定の成分を抽出して使うということではなく、抽出したオイル全体を使うという「一物全体」発想に基ずいて開発したものである。バイオアクトの原料は言うなればアロマテラピ-に使われるエッセンシャルオイル(精油)と同じ性状を有する植物オイルと言える。

アロマテラピック(植物療法的)なバイオアクト

植物に含まれている「芳香成分」が人間に対して、精神的に安らぎを与えたり、身体に作用したことを宗教儀式や民間療法などで伝承してきました。これを科学的に研究して生まれたのが植物療法と呼ばれる「アロマテラピ-」の始まりです。一つの植物には100~300種類もの芳香成分が含まれているとのこと。この成分の中のどれか一つを取っても、また何かの成分を足しても「エッセンシャルオイル(精油)」とは呼ばないというのが原則的な定義(一物全体)であり、そのオイルの中でも成分分析がしてあるオイルがケモタイプオイルです。そして各種オイルを目的に応じて調香する。ニ-ムオイルやパインオイルは代表的なエッセンシャルオイルです。

パインオイルはアロマテラピ-では深い森の香りが安心感をもたらしてくれる。日本人にも馴染み深い木の香り。

神経痛の痛みを和らげてくれる。

気管支炎など呼吸器系の症状によく、鼻づまりを改善する。

炎症のある肌を元に戻す働きがある。

風呂上がりにパインオイルでマッサ-ジすると効果的である。

と紹介されています。

ニ-ムオイルは既に紹介してきたようにア-ユルベ-ダ-の重要なオイルです。

バイオアクトで使用しているニ-ム、パインオイルも勿論、ケモタイプであり、分散乳化安定性を確保するために、アロマテラピ-でいう「キャリア-オイル(希釈オイル)」に相当するココナツやヒマシの植物オイル(アロマテラピ-ではホホバオイル、オリ-ブオイル、ア-モンドオイル、ファ-ナスオイル(大豆、トウモロコシ)、ピ-ナツオイルが使われる)も使用している。このように見ていくと、バイオアクトはアロマテラピックオイルであり、バイオアクトの施用は昆虫に対する植物療法(アロマテラピ-)とも言えるのではないでしょうか。もちろん、人間に対してもアロマテラピックであるのがバイオアクトの特徴であす。

植物や昆虫の情報伝達

アロマテラピ-の精油の香りは人の嗅覚を通じて心(脳)に働きかけ、心身の不調和を癒していく。こうした香りの経験則は生理学によっても実証されてきていて、最近ではこうした香りを野生動物の管理にも応用しようという研究が盛んになってきています。例えば北アメリカに住むマウントビ-バ-は森林に対しては有害動物であるが、このビ-バ-に対して天敵のニオイが強力な忌避作用を示すことがわかり、ミンク、ヤマネコ、コヨ-テ、飼い犬などの尿そのものが活用されています。また、ネズミ、ムクドリなどには松葉、スギ、ジュニパ-、ミント、シラタマオイルなどの香りが利用されているとのことです。

5年ほど前に、生物学者が「昆虫の攻撃を受けた木が仲間の木に警報を送り、その警告を送られた木は自衛策を講じた」と報告しているが、去年(平成12年)京都大大学院農学研究科の高林助教授がこうした植物が発信する危険信号の正体を突き止めています。(中日新聞平成12年8月3日朝刊)この報告には「ハダニに攻撃されたライマメは揮発性の化学物質(フィトアレキシン)を放出し、その危険信号を受けた仲間のライマメが植物ホルモンや遺伝子を活性化、ハダニを阻害する物質を生成する」というものです。

つまり、神経系を持たない植物でも情報伝達が行われていることが解明されつつあります。

このように、総合的防除には、ある物質を付与するという物質的アプロ-チだけでなく「微生物、動物、植物の情報伝達」という概念に立った新しいアプロ-チも考慮すべきだと考えています。対象こそ異なるが、アレロパシ-も情報伝達であり、アロマテラピ-も情報伝達の一つである。

バイオアクトは植物オイルというアレロケミカルズとそこから放出される香りという化学的情報を昆虫等に付与し、昆虫が細胞レベルで応答している結果が現象として発現しているのです。

「情報伝達」という観点を持つと、今までとは違ったいろいろな防除方法が考えられる。音波や磁場や電場もかなり有効です。

逸話として受け継がれてきている話に、クラッシック音楽を流すと植物が音楽の聞こえる方向に向かって伸び、ハ-ドロックを聞かせると逆の方向に伸びるという話もある。植物と対話して育てると全く害虫にやられることはないという話もあります。

牛にモ-ツアルトを聞かせると乳の出がよい。

これらは、なんとなくうさんくさそうな話に聞こえるが「タンパク質の音楽」(深川洋一著、筑摩書房)という本を読むと、そのうさんくささは一掃されるはずです。

(タンパク質の音楽)フランスのジョエル・ステルンナイメ-ル博士は「タンパク質のアミノ酸配列を方程式化(スケ-リング波動)し、音階メロデイに翻訳する」ことに成功している。タンパク質が合成される時の量子振動を76オクタ-ブ下げることで、音楽で用いられる振動数の世界に変換し、タンパク質の音楽を作曲したのです。こうして作曲した音楽を植物に聞かせることによって生育が大きく変わることを大々的な実験により確認しています。こうした研究から、ウドン作りでは「ビバルデイ の四季」、食パンには「ベ-トベンの田園」、日本酒には「モ-ツアルトの曲」が適していることを論理的に実験的に証明しています。植物に限らずこのスケ-リング波動は人間にも、動物にも、昆虫にも、微生物にも有効です。「

痴呆対策の一つとして音楽療法が日本でも普及してきているが、これには根拠があることがわかります。

(情報転写)バイオアクトの機能を情報として水に転写することができるか。これもうさんくさい話にも聞こえますが、特許公開公報2000-5326によれば、こうした情報転写は可能なことです。この特許は簡単に説明すると「静磁石のN極側にバイオアクト液体を置き、直線磁場のS極側に記憶媒体として例えば水を置けば、バイオアクトの機能情報が水に転写される」というものである。この結果、バイオアクトの情報を記憶している水を散布すれば虫対策が出来ることになります。公報ではN極にウイルスに感染したエビを置き、S極に磁気水を置き、60秒間転写。この磁気水を健康なエビの飼育水中に入れるとエビがウイルスに感染し、死滅した」とある。更に、「直線磁場ではなく湾曲磁場のS極側にに磁気水を置くと、その磁気水には逆の情報(抗ウイルス性情報)が転写される。この逆転写された磁気水をウイルスに感染したエビの飼育水に入れると病気が直る」という実験例が示されています。この実験は国立水産大学で行われています。

このような情報転写による微生物に対する影響は、方法は異なるが、我々の実験でも確認できています。こうした情報転写が昆虫に対しても有効となれば、記憶媒体である水だけでも害虫防除が可能となります。

このように「情報伝達」という視点に立つと全く別の防除方法が実用化できるはずです。ただし、この場合でも「対象の選択性」が不可欠であるし、「使う立場の人間の考え方」が大切であることには変わりありません。タンパク質の音楽や情報転写は使い方を間違えると逆効果をもたらします。植物オイルが享有する情報を活用したバイオアクトも使い方や考え方次第です。

BIOACT(公衆衛生用)その8

バイオアクトの急性経口毒性は National University of Singapore Department of  Pharmacology(GLP認証機関)でOECD(経済開発協力機構)のガイドラインに沿って試験評価した結果D5012,500mg/kgRat以上です。

因に食塩は3,000 、砂糖は29,000mg/kg 

バイオアクトは7~10日で分解します。

安全性に関しても非常に最高レベルであることを示しています。


align="baseline">


 

ページトップへ